下顎中切歯2本先天性欠損 | 浜松市の矯正歯科|浜松矯正審美歯科センター  見えない矯正 ワイヤー矯正 ブライダル矯正

矯正歯科 治療例

矯正歯科 治療前矯正歯科(前歯抜歯閉鎖症例) 治療前

矯正歯科 治療後矯正歯科 プチワイヤー矯正 治療後矯正歯科(前歯抜歯閉鎖症例)治療後

前歯抜歯閉鎖症例 治療例(3)
下顎中切歯2本先天性欠損

24歳女性 浜松市東区在住
治療期間:2年10ヶ月

費用:「診断料 30,000円+税」
    「矯正治療代 760,000円+税」
    「月々の調整費 5,000円+税」

主訴:左右下の犬歯から犬歯までの隙間と、
    左右上の前歯の前突が気になる。

PICT7875.JPG①(閉じた状態)

PICT7877.JPG①(開いた状態)

PICT2605.JPG②(閉じた状態)

Book1.jpg

PICT2606.JPG②(開いた状態)

PICT4998.JPG③(閉じた状態)

Book1.jpg

PICT5000.JPG③(開いた状態)

PICT9141_001.JPG④(閉じた状態)

Book1.jpg

PICT9143_000.JPG④(開いた状態)

主訴:右上前歯が小学生の頃、転んで抜けた。
    来院時は義歯を使用。インプラントで治したい。

治療の流れ

インプラント治療を希望されていましたが、骨が薄くOPEは難しい。
右上前歯を歯が抜けた部分へ移動させ、
骨がしっかりしている隣の歯のスペースにインプラントを埋入しました。
咬合もⅡ級だった為、左右下の親不知を抜歯し、下顎を後方へ移動させました。
矯正終了後、前歯2本に補綴物を被せました。