矯正歯科 治療例 | 浜松市 矯正審美歯科センター 見えない矯正 ワイヤー矯正 ブライダル矯正

矯正歯科 治療例

矯正治療を行うと、気になる歯列の凸凹やすき間等を改善し、見た目の美しさはもちろん、虫歯や歯周病になりにくい健康な歯並びを作り、頭痛・肩こりなどの改善にも効果的です。

※写真は矯正治療前のものです。矯正治療によってどのように改善されたか、詳しくは各ページをご覧ください。

全顎ワイヤー矯正

浜松市 ブライダル矯正大切な日を迎えるあなたに
歯の表面に2~5㎜程度のブラケットという装置をつけて、そこにワイヤーを通すことで歯の位置を移動させる治療です。全顎(奥歯から奥歯まですべての歯)に装置を装着し、すべての不正咬合から噛み合わせまで改善することができます。全体の歯を移動させる為、治療期間は1年半~3年かかります。

【 ワイヤー・ブラケットの種類 】

金属ワイヤー × 金属ワイヤー

金属ワイヤー × 白色ブラケット

白色ワイヤー × 白色ブラケット

PICT5248_000.JPG    (正面)PICT4878.JPG    (左側)

PICT1465.JPG    (正面)PICT1469.JPG    (右側)

PICT2864_001.JPG    (正面)PICT2870_000.JPG    (左側)

矯正歯科 治療前 ワイヤー矯正 全顎
20歳女性・浜松市東区在住

全顎ワイヤー治療例→.jpg

プチワイヤー矯正

浜松市 小児矯正こどもの歯列矯正
治療法はワイヤー矯正と基本的に同じですが、プチワイヤー矯正は動かす歯を前歯のみに限定し、小臼歯から小臼歯までの計8本に装置を装着し前歯のみを矯正します。歯の移動距離が少なくすむため、治療期間は約6ヶ月~1年程と短期間です。スペースがなく抜歯を必要とする症例には適しません。

【 ワイヤー・ブラケットの種類 】

金属ワイヤー × 金属ワイヤー

金属ワイヤー × 白色ブラケット

白色ワイヤー × 白色ブラケット

PICT6754.JPG    (正面)PICT6760.JPG    (左側)

PICT8226.JPG    (正面)PICT8229.JPG    (右側)

PICT9753.JPG    (正面)PICT3123.JPG    (左側)

矯正歯科 治療前 プチワイヤー矯正 上顎のみ
36歳女性・浜松市中区在住

プチワイヤー矯正→.jpg

インビザライン(透明マウスピース矯正)

浜松市 成人矯正大人の歯列矯正
透明で目立たず、取り外しができるマウスピースをつかった矯正治療です。アライナーと呼ばれる透明のプラスチック製のフレームを歯列にかぶせ、フレーム1枚につき約0.2㎜から0.5㎜ずつ歯を動かす仕組みで、歯の動きに合わせてその都度フレームを付け替えていきます。一日20時間装着で、治療期間は約2年から3年、通院は2~3ヶ月に1回が基本です。

矯正歯科 治療前 アクアシステム(透明マウスピース矯正) 上顎のみ
45歳女性・浜松市南区在住

透明マウスピース矯正→.jpg

舌側ワイヤー矯正

浜松市 成人矯正大人の歯列矯正
ブラケットやワイヤーなど、矯正装置をすべて歯の裏側(舌側)につけ、矯正装置が全く人目に触れないようにする方法です。費用は通常の矯正よりも割高ですが、動かす歯を前歯のみに限定するプチワイヤー舌側矯正を選択することによりお手頃な価格で治療することも可能です。裏側からの治療は、上顎前突、開咬の方に特に効果的です。装置が裏側につくため、はじめは一時的に滑舌が悪くなりやすいです。

矯正歯科 治療前 アクアシステム(透明マウスピース矯正) 上顎のみ
29歳女性・浜松市南区在住
矯正装置+舌側全顎ワイヤー矯正

舌側ワイヤー矯正→.jpg

矯正装置

矯正歯科 治療前 アクアシステム(透明マウスピース矯正) 上顎のみ
10歳男性・浜松市中区在住
第一次矯正症例
矯正歯科 治療前 アクアシステム(透明マウスピース矯正) 上顎のみ
10歳男性・浜松市中区在住
反対咬合改善症例

前歯抜歯閉鎖症例

矯正歯科 治療前 アクアシステム(透明マウスピース矯正) 上顎のみ
24歳男性・浜松市中区在住
右上中切歯欠損
矯正歯科 治療前 アクアシステム(透明マウスピース矯正) 上顎のみ
37歳女性・浜松市南区在住
右上中切歯抜歯
矯正歯科 治療前 アクアシステム(透明マウスピース矯正) 上顎のみ
24歳女性・浜松市東区在住
下顎中切歯2本先天性欠損

矯正治療 注意事項

◇矯正器具装着後、数日間は歯が浮いたような痛みがあり、慣れるまでに口内炎ができることがあります。症状は一週間程で治まりますが、お食事は柔らかい食べ物から慣らすようにしましょう。
※痛み止めを服用することで痛みは抑えられますが、歯の動きが止まるわけではありませんので、食べにくさは変わりません。

◇稀に、歯を動かした刺激により歯髄炎や歯髄壊死を起こす場合
あります。

◇矯正治療中に舌癖が出現した場合は、舌のトレーニングなどで治療期間が延長することがあります。

◇矯正治療中、口が開きにくくなったり、顎に音がするようになったり(クリックオン)、痛くなったなどの症状が出た場合はすぐにご連絡ください。その場合は、顎関節の治療をすることがあります。

◇成長期の歯並びに影響したり、親不知が生えたり、顎関節症の原因となる場合は、エナメル質を削って隙間をあけたり、抜歯することがあります。

◇矯正治療途中で白いプラスチック(レジン)を使って、歯の形態修正をする場合があります。(別途保険治療費がかかります)

◇硬い食べ物や、歯に付きやすい食べ物は、矯正器具を傷つけたり、虫歯になりやすいので控えてください。

◇色素が濃い食べ物や、矯正装置によっては、ゴムが黄色く着色することがありますのでご注意ください。
※毎月一回の調整時にゴムを交換していますので、次回のご予約の前日などに色の濃い食べ物を召し上がるなど工夫してください。
(変色による矯正治療の影響はありません)
※ゴムのみの交換は別途料金がかかります。(2,500円+税)

◇食べ物を食べた後は、歯をしっかり磨いてください。取り外し式の装置は装着前に歯列と装置を綺麗にしましょう。特に、インビザライン(透明マウスピース)のような歯をカバーする装置は十分に清掃しておかないと虫歯になりやすくなります。

◇矯正治療中は、虫歯や歯肉炎になりやすいので毎食後、丁寧に歯を磨くように心がけましょう。

◇矯正器具のワイヤー下やブラケット部分の周辺はプラークが
残りやすいので、鏡を見て確認しながら磨きましょう。

◇矯正治療中に虫歯が発見された場合は、同時に治療することが出来ます。(別途保険治療費がかかります)
※歯の形に大きく影響がある場合は、矯正治療を中断する場合もあります。

◇器具が外れた場合、すぐにご連絡ください。
※外れた場合は捨てずに必ずご持参ください。
また、舌側矯正の方はブラケットをなくした場合、15,000円+税 費用が
かかりますので大切に保管してください。

◇白い被せ物(セラミックなど)や、保険外の被せ物をされている方は、歯の表面にブラケットなどの器具がつく為、除去する際に欠けるなどの破損したり、形が変わるなどの審美性が損なわれる恐れがあります。

◇矯正治療のために撮影した写真やレントゲン等は、個人を特定されないかたちでホームページ、パンフレット、学会資料、などで使用させていただくことがあります。

◇矯正治療終了後、リテーナーを装着します。(後戻りを防ぐための保定装置。裏側からのワイヤー固定式、アクアフレームによる取り外し式がある)期間は、最低でも3年程装着していただきます。