矯正装置装着後の注意事項 | 浜松市 矯正審美歯科センター 見えない矯正 ワイヤー矯正 ブライダル矯正

矯正装置装着後の注意事項

歯科_アイコン_灰色.png矯正装置装着後、数日間は歯が浮いたような痛みがあり、慣れるまでに口内炎ができることがあります。

歯科_アイコン_ピンク.png
自分で調整する装置は指示通りに調節してください。

歯科_アイコン_灰色.png矯正治療中に舌癖が出現した場合は、舌のトレーニングなどで治療期間が延長することがあります。

歯科_アイコン_ピンク.png矯正治療中、口が開きにくくなったり、顎に音がするようになったり(クリックオン)、痛くなったなどの症状が出た場合にはすぐにお知らせください。顎関節の治療をすることがあります。

歯科_アイコン_灰色.png成長期の歯並びに影響したり、親知らずが生えたり、顎関節症の原因となる場合には、抜歯することがあります。

歯科_アイコン_ピンク.pngかたい食べ物や、歯に付きやすい食べ物は、矯正装置を傷付けたり、虫歯になりやすいので控えてください。

歯科_アイコン_灰色.png色素が濃い食べ物や、矯正装置によっては、ゴムが黄色く着色することがありますのでご注意ください。

歯科_アイコン_ピンク.png食後は、歯をしっかり磨いてください。取り外し式の装置は装着前に歯列と装置をきれいにしましょう。特に、透明マウスピース矯正(アクアシステム等)のような歯をカバーする装置は十分に清掃しておかないと虫歯になりやすくなります

歯科_アイコン_灰色.png矯正治療中は、虫歯や歯肉炎になりやすいので毎食後、丁寧に歯を磨くように心がけましょう。

歯科_アイコン_ピンク.png矯正装置のワイヤーの下や、ブラケット部分の周辺はプラークが残りやすいので、鏡を見て確認しながら磨きましょう。