アクアシステム | 浜松市 矯正審美歯科センター 見えない矯正 ワイヤー矯正 ブライダル矯正

アクアシステム

● アクアシステムとは?

  • アクアシステムは、矯正界の権威であるexample1.jpg宮島邦彰教授によって開発されたマウスピース型の矯正装置です。違う型のマウスピースを段階ごとに装着していくことによって、少しずつ歯の位置が動いていくようにできています。

● アクアシステムの特徴

  • 患者様の歯型をもとに、院内のラボにて透明なマウスピース(アクアフレーム)を製作します。
  • ブラケットを使う装置の場合、装置を目立たなくすることはできますが、アクアシステムのように取り外しはできません。患者さんがフレームを簡単に取り外せますから、普段と変わらない食事やブラッシングができます。
  • 他の矯正装置の「リーズナブルだけど目立つ」「全く見えないけど高額」といったデメリットを解消した、新しい治療法です。
  • アクアシステムで動かせるのは前歯のみですが、矯正を始めるにあたって一番に浮かぶ「装置が目立つ」「金額が高い」という問題点を「目立たず、リーズナブル」に解消しました。

アクアシステム矯正の7つのポイント

1.  目立たない

  • 歯科矯正治療では、アクアシステム,アクアフレーム,矯正,浜松市,中区,静岡透明フレームを上顎に装着しています。よく見ないと気が付きません。一般的に 「 ブラケット 」 と呼ばれる装置を歯に装着することが必要で、どうしても目立ってしまうのが難点でした。しかし、透明マウスピース矯正は 金具を使わず透明のマウスピースを装着するだけですので、見た目には歯の矯正をしていることがわかりにくく、他人にはほとんど気付かれません。「 見た目が気になるので、矯正歯科治療をあきらめていた・・・ 」そんなあなたにぴったりの治療方法です。

2.  取り外して食事ができる

  • 一般的な矯正器具を装着している場合は、粘着力の強い食事(お餅やガムなど)などを控えたり、食事内容の制限があり、何かとストレスがたまりやすいものでした。透明マウスピース矯正ならば、食事のときに取り外しができるので、食事を自由に楽しむことができます。また、結婚式やデート、大切なビジネスシーンなどでも事前に取り外しができるので、ここ一番というときにも安心です。
  • ※一日最低20時間の装着が必要です。

3.  ホワイトニングが同時にできる

  • 透明マウスピース矯正は、矯正もしたいけど歯も白くしたい、とお考えの方にもおすすめ。通常であれば、長い矯正治療期間が終了した後に、ホワイトニングをすることになりますが、透明マウスピース矯正ならばホワイトニング用の薬液を塗布して装着することにより、矯正治療と同時にホワイトニングが可能です。
  • ホームホワイトニングは、2週間ほどで効果が出ます。

4.  虫歯になりにくく衛生的

  • 一般的な矯正器具の場合は、どうしても磨き残しがでてしまい虫歯の原因になることが多くありました。透明マウスピース矯正ならば取り外しができるので、矯正前と変わらない歯磨きができ、虫歯になりにくく衛生的です。

5.  発音しやすく、違和感がない

  • 一般的な矯正器具のように歯の表側や裏側に装置をつけると、違和感が生じたり、慣れるまでに時間が掛かることが多くありました。透明マウスピース矯正は、マウスピース型なので唇や舌と歯の間の違和感が少なく、発音にも支障がありません。

6.  治療費がリーズナブル

  • これまで、目立たない矯正装置と言えば、「 リンガル (歯の裏側に装着する矯正装置) 」で、費用面からすると100万円を超えるような高額なものでした。透明マウスピース矯正は、30万円程度での治療が可能ですので、費用面から言っても矯正を始めやすくなっています。

7.  通院中の負担を軽減

  • 従来の装置は金属のワイヤーを徐々に調整することで、歯を移動させていましたが、透明マウスピース矯正はマウスピースの装置を付け替えていくだけ。通院の度にワイヤーを調整する必要がなく、治療時間も短時間ですみます。
  • 3週間に1度のペースで通院して頂きます。


透明マウスピース矯正「アクアシステム」開発者、宮島邦彰医師

浜松市 矯正歯科 宮島医師と伊藤歯科医院・歯科医師宮島医師(前列中央)を囲んで浜松市 矯正歯科 プチ矯正 アクアシステム 透明マウスピース矯正透明マウスピース矯正「アクアシステム(プチ矯正)」は、矯正治療中のワイヤーに抵抗がある方向けに、宮島医師によって開発されました。
書籍『プチ矯正』は、透明マウスピース矯正「アクアシステム」による矯正治療法について多数の症例写真付きで詳しく紹介されています。

★ 「プチ矯正―ブラケットもワイヤーもない!ホワイトニングもできる(宮島 邦彰 著)」を Amazon.co.jpで購入する>

治療費用

基本料金 ・・・・・・・・・・・・・・・・片顎300,000円 両顎500,000円
矯正処置料・・・・・・・・・・・・・・・5,000円

3週間に1回のペースで通院していただきます。矯正処置料5,000円は月1回のみ。
同月の2回目以降の通院は再診料450円です。