矯正治療を始めらる方へ | 浜松市 矯正審美歯科センター 見えない矯正 ワイヤー矯正 ブライダル矯正

矯正治療を始められる方へ

1.矯正治療とは

  • 明るく澄んだ目と、きれいに並んだ白い歯は、その人の健康的な美しさを表す最も大きな要素です。
  • 矯正治療とは、口元の形や歯並びをきれいに整え、また悪い歯並びにならないように予防することによって、虫歯や歯周病を防ぎ、不明瞭な発音を改めるとともに、食べ物を良く噛めるようにして、健康と美しさを一段と増進させようとする医学です。
  • 悪い歯並びを起こす原因は非常に多く、遺伝的要素や虫歯、乳歯が早くに抜けてしまったことなどが大きな原因となります。また、指しゃぶりなどの悪い習慣によっても起こります。

2.矯正治療はいつ始めればよいか

  • 矯正の開始時期については、一般的に “永久歯の前歯が生えた頃” や “大人の歯がはえそろった頃” と言われていますが、歯並びやかみ合わせの状態によって治療を開始するタイミングは異なります。かみ合わせが原因で顎の成長方向がずれている場合などは、乳歯の時期でも治療を開始することがあります。また、適切な治療開始時期まで治療をせずに様子を見ることもあります。
  • 治療方法も歯並びの不正状態や年齢によって様々です。何歳でも矯正治療はできますが、その方法が限られてきます。不正に気付いたらできるだけ早めに、一度専門医に相談されることをおすすめします。

3.永久歯を抜くこともあります

  • 精密検査の結果、歯と顎のバランス、口唇の突出度等を総合的に診断し、歯を抜いて治療した方が安定する良い結果が得られ、残りの歯を守ることになると考えられる場合は、その旨をご説明し、ご理解いただいた上で抜歯を行うこともあります。
  • 永久歯を抜いても噛む力を弱めたり、身体に害を及ぼすことにはなりません。永久歯を抜くことは、必ずしも望ましいことではありませんが、矯正治療を進める上で、どうしても必要な場合があることをご理解ください。

4.治療を始める前に

  • 矯正治療を始める前にまずは検査(問診、歯の型取り、顔写真の撮影、レントゲン写真撮影など)を行います。この結果を基に、診断結果(歯並びの状態、治療の方法、治療に要する大体の期間と費用)をご説明します。
  • 矯正治療は抜歯や虫歯の治療と異なり、成長発育にあわせて歯を無理なく少しずつ顎の骨の中を動かしながら(歯の萌出、顎の骨の発育を誘導して)、より好ましい歯並びと噛み合わせ、顔かたちへと導いていきます。そのため、治療期間が長くかかります。
  • 治療期間中は、月1回程度の割合で処置をする必要があります。そのため、医師の指示によく従って根気よく通わないと良い結果は得られません。
  • 治療の予約日には学校の課外活動やおけいこ、塾通いなどを休んだり、学校を遅刻・早退していただかなければならないことがあります。治療を始めてから途中でやめることのないように、通院できる見通しが付いてから始めましょう。

5.治療費

  • (ア) 相談料(初診料)
    • 矯正治療についての概略をお話します。
  • (イ) 診断料
    • 歯の型、歯のレントゲン写真、口の写真、顔の写真、レントゲン写真およびそれらの精密検査等、診断に要する費用全てを含みます。
  • (ウ) 矯正料
    • (基本料)
    • 矯正治療の難易度や期間によって一人ひとり異なります。診断が終わったときに全額をお知らせします。原則として、治療開始時にお支払いただきます。
    • (処置料)
    • 矯正治療装置の調整および毎回来院時の処置のための料金です。
  • (エ) 観察料
    • 本格的な矯正治療に入る前、または矯正治療後の経過を観察、身体の発育状態を定期的に観察します(3ヶ月~1年毎)。
  • お支払方法は、現金(支払額に応じて特典あり)、クレジットカード、デンタルローン(矯正基本料など)の何れかです。

矯正料金表LinkIcon

6.その他

  • 虫歯の治療、抜歯、義歯などの補綴物に掛かる費用は、矯正料、処置料、観察料には含まれておりません。
  • また、診断をしても症例の中には矯正治療ができないものもありますが、そのような場合でも診断料はお返しできません。